テクノロジーセンター

2004年7月、スピネルは江蘇省磁性材料機器工学技術研究所を設立し、 経験豊かな専門家や学者の方々を客員研究員としてお招きして磁性材料に関する先端技術の研究を行っています

どの製品にとっても、品質が命です。創業以来スピネルは非常に厳格な品質条件と規格を常に保持しています。 品質向上のため、全生産工程で徹底したテストを行い、品質コントロールの規定に基づいた綿密なインスペクションを遂行しています。

技術部門

SPINELの技術センターは磁性体および端末技術に関する江蘇省技術研究センターと呼ばれています。

SPINELの研究センターは南京大学物理学部や電子科技大学微電子および固体電子学部、蘭州大学物理学部など多くの有名大学との協力で設立されました。

Shi Changxu、中国科学院の磁性体研究の第一人者、の当社に向けた銘刻

技術者たちがこのオフィスで業務を行っています。

技術会議の目的は製品のカスタム化、新素材の開発や技術的課題を議論することです。

研究開発部門のヘッドが会議を進行します。

品質検査

ブルカーX線蛍光分析器が素材の検査のために使用されています。主要な検査項目には素材の純度や内容物も含まれます。

標本サンプルの検査

レーザー粒径分析器

電子金属組織顕微鏡により焼結テストを実行しています。当社は当社製品の微組織の分析にこの装置を広く利用しています。

RMタイプの製品がテストされています。

岩通電気よりSy8218 B-H 分析器を購入。様々な製品や素材の電気特性を分析することが出来ます。

このデバイスは消費電力テストを行っています。画面表示はヒステリシス・ループです。

パワーアンプ

完成品検査ラボ